動画で知るボディートーク|東京 勝どき Yoga&BodyTalk ektan

SNSフォローボタン
ボディートーク

画像でわかるボディートーク

 

こんにちは。
東京 ヨガとボディートークで心と体を
健やかに調和させる Yoga&BodyTalk ektan(エクターン)です。

ヨガ指導歴15年の自然治癒力活性化の探究者 櫻子が
ボディートークによる心と体の健やかなつながりを
日本一わかりやすくをモットーにご案内します。

ボディートークを理解する動画

”意識に基づくヘルスケア”ボディートーク

ボディートークでは
「天生の智慧(インネイト・ウィズダム)」が
心と体のより良い状態にする方法を知っている
としています。

櫻子
櫻子

わかりにくいので、「体は知ってる」と
思ってくれていいと櫻子は思う。

天生の智慧(インネイト・ウィズダム)は”意識”とも
いえます。

ボディートークが”意識に基づくヘルスケア”と
いうのはこの理念からです。

ボディートークは意識という目に見えないものに
アクセス、アプローチしています。

なので、どうしても「不思議」「よくわからない」
「怪しい」となりやすい。

すべてはエネルギー、波動。

すべてのものは周波数をもっていて、小さく大きく
高く低く響いている。

この辺もうさん臭く感じる人、多いと思います。

”意識に基づくヘルスケア”を動画でご紹介します。

こちらは、ボディートークの公式HPに公開されているのと
同じです。

 2分でわかるボディートーク

ボディートークの創始者ジョン・ヴェルトハイムが
ボディートークについてシンプルに語っています。

身体に不具合が生じて、いろいろなところに相談しても
解消しないで、さまよった結果ボディートークに出会い
解消するというケースはよく聞きます。

膝が痛くて病院に行くが、レントゲンを撮っても
「問題なし」といってとりあえずの痛み止めを処方される

なとどいうケースは耳にしませんか?

同じ「膝の痛み」でも、

弟の素行についての悩み

遠足で事故にあい、自分だけが軽傷で済んだ罪悪感

櫻子
櫻子

どちらも実際のケース

など、原因はさまざま。

もちろん、骨折して病院に行くのは最優先です。
骨と骨を医師に適切につないでもらい、
痛み止めを処方してもらい、治癒力で回復するのを
待って、回復すれば、問題なし。

ただ、

なぜかいつも同じところを怪我する、

痛みがなかなか消えない、

原因がわからない

というときは、ボディートークで”意識”に
アプローチするといいかもしれません。

 

ペットへのボディートーク

歩けなかったラッキーくん

保護されて歩けなかったラッキーくんの動画です。

アニマルボディートークという
動物用ボディートークもあるのですが、
通常のボディートークも動物によく効きます。

櫻子
櫻子

動物たちは目に見えない”意識”に対して、
「怪しい」「不思議」「怖い」という先入観を
持たないからかもですね。

保護犬カフェのケース

保護犬カフェで、保護された4匹の犬が
吠えて、吠えて、というときに、
ドッグトレーナーでもあるボディートーク施術士が
ボディートークの基本でパワフルなタップの
テクニックを触らないで”意識”で行ったら

3匹は2分くらいで落ち着いて伏せの状態になり、
残りの1匹も追加2分くらいで吠えるのをやめ
保護権カフェの方が

「ここがこんなに静かになったことは初めて」と

びっくりしたという話があります。

ウーパールーパーのケース

アニマルボディートークでは、
2週間便秘のウーパールーパーに
セッションをして翌日無事に開通という
症例を聞きました。

ちなみにウーパールーパーのご家族も
便秘気味だったそう。

家族の問題を引き受けるペット

ラッキーくんには当初家族がいませんでしたが、
家族の問題が関係しています。

櫻子
櫻子

ペットを捨てる飼い主=
家族を捨ててる、
これは問題あり家族!

ペットは家族の抱えるあれこれを引き受けて
しまうことがよくあります。

なので、最近はペットの病気が複雑化
しているのかもしれません。

ペットの病気として問題が表面化して
ボディートークを施術すると
家族全体の何かが良い方向に変化します。

”意識”は見えないので不思議ですが、
実はすごく影響力が大きい。

ボディートークの動画をみて、
心がざわざわしたら、ぜひボディートークの施術を
受けてみてくださいね。

原因不明の痛みは不調のお問い合わせは

Yoga&BodyTalk ektan へのお問い合わせは
公式LINEでお待ちしています。

友だち追加
LINEをお使いでない方は、Googleフォームより
お問合せください。

Yoga&BodyTalk ektan お問合せ

 

コメント