ボディートーク セッション:繰り返す失敗とお金を使うことへの罪悪感

SNSフォローボタン
ボディートークセッション お金を使う罪悪感 セッション記録

こんにちは。
東京 ヨガとボディートーク
ektan‐エクターン/サンスクリットで”調和”-
米国IBA認定ボディートーク施術士(CBP)
兼ヨガインストラクターの櫻子です。

ボディートークについて、一言では
伝えにくいのでセッション記録から
どんなものか?を知ってもらいたい
と思いましてご紹介します。

ボディートークとは

人間には、治癒する力と治癒させる智慧が
生まれながらに備わっており、
精緻なコミュニケーションをとっています。

でも、それが、ストレスや様々な経験により
うまく働かなくなくなり、痛みや病気となる。

ボディートークは、どのように
心身のコミュニケーションを再構築すれば
もともと持っている「元気」になれるか?を
身体から聴きだし、情報をフォーミュラとして
言語化して身体に伝え、
変化を身体に任せるというセッションです。

もともと持っている力を引き出すので
副作用はありません。

フォーミュラ:
心身が望んでいるコミュニケーションの再構築の方法

ボディートークセッションは、
オーダーメイドなので、ただ当てはめればいい型は
ありません。

心も身体もまるっと全部の優先をスキャンし、
調和を促します。

ボディートーク認定施術士が、どう読み取って
どう読み解いたのか、考察も記載していますので
ご自身を振り返るご参考になれば幸いです。

セッション:セールで買った服についての罪悪感

今回は、空咳のご相談から、お金の使い方についての
罪悪感のバランスをしたセッションをご紹介します。

ご相談

最近、空咳が続いている

最近気になっていること

お金の使い方が下手
けちけちしてしまい、家族と出かけても楽しめない
それなのに、安いものを買って、結局使わないという
無駄遣いをしてしまう

セッション

フォーミュラ

分離の意識「見放される恐れ」、
ライフサイクル-子午流注、
活発な記憶‐母の買った服を着なかったこと「罪悪感」、
環境‐浪費する実家の家族への怒り

バランス

お金の使い方による罪悪感をリリース

結果

呼吸が深くなり、咳が落ち着く

考察

「子午流注」というライフサイクルがあり、
一日かけて、経絡をめぐっています。

呼吸は新しいものを取り入れ、
古いものを吐き出すという大きな流れを
生み出します。

子どもの頃の「豊かでない生活の中で
買ってくれた服を着なかった」という
罪悪感を伴う活発な記憶をリリースして、
望むものにきちんとお金を払い
手に入れる時期が来たのに
本当に得たいものを受け取ることに
抵抗があったのかもしれません。

セッション後、

「今、娘が服にうるさくて(笑)
便利そうだからとセールで買っておいた服に
『わたし選んでないでしょ!』と言い放って。

確かに娘が選んだわけでないし、
気に入らないものを着て機嫌が悪いより
気に入ったものを着て笑顔で
登園してくれる方が幸せだなぁ、
と思ったんです。

ずっと、子どもの頃に買ってもらった
紺色のズボンを履かなかったことを
気にしていたけど、母も同じだったかも
しれないなと思いました。

ついでに、安かったから買ったというのを
当時の私、察知していた気がします(笑)

ずっと罪悪感を持ってましたが、
母は忘れてるかもしれませんねー」

とのことでした。

これから、本当に必要なものに必要なお金を払い、
お金というエネルギーを上手に使って、
得たいものをしっかり使うことで満足して
いけたらいいなぁと思いました。

セッション後に呼吸が深くなっており、
翌日には空咳が落ち着いたとのことでした。

 

人生は意識の筋トレ

ボディートークは、診断をしませんが
悩みの本当の原因にアプローチするとも
言われます。

分離のバランス

自分の意志を通したことで
母親から見放されるのではないか?という
恐れの意識のバランスでもありました。

人は、最初は母親とぴったり一つだった
ところから、どんどん分離して、
「個」を際立たせていきます。

この段階はどんどん孤独になっていきます。

分離が極まると、方向転換の時期が
到来して、今度はつながっているという
「悟り」に向かうらしいです。

櫻子
櫻子

「分離」も必要なステップ
なんだけど、実は
ずっとつながっているから
誤解でもあり、、

一回すごく孤独を味わってみると
ああ、実はつながってたんだって
腑に落ちるというステップになってる
ってこと、らしい。
櫻子も分離→統合
うろうろ中の修行者です。

今回のセッションでは、
分離から統合へのサポートでもありました。

罪悪感のバランス

自分がセールで買ってもらった服を
着なかったことに罪悪感を持っているのに
どうしてセールで服を買うのか?と疑問を
感じましたか?

これは、この「自分の意志で選ぶ」ことへの
罪悪感をリリースすることを、
深いところで望んでいたのだと思われます。

何度も苦い経験を繰り替えして、
意識を変えようとしているんですね。

このように繰り返す経験を
「鏡の法則」とみることができるかも
しれません。

櫻子
櫻子

人生ってスパルタの
意識の筋トレ、かも。。

人の意識は実はすごく大きくて、
自分で認知している(顕在意識)のは
たった3%で、残りの97%は潜在意識として
認知できないが、それが大きな影響力を
持っていると言われます。

潜在意識では変化を望んでいるから、
なんども失敗を繰り返す、ということかと。

ボディートークで変化に寄り添いたい

ボディートークはこの潜在意識から
優先のコミュニケーションの再構築方法を
聴きだします。

今回はセッション内容にすぐに
腑に落ちることがあったとお聞きできましたが
「え?ちょっと何言ってるかわかんない」
ということもあり得ます(^^;

それでも、セッションして
フォーミュラとして言語化すると
潜在意識は「あ、わかってくれた!」と
変化のスタートを切ります。

ボディートークに出会うと、人生が変わり始める
のは、そういうタイミングということ。

知らないことって怖いですよね。
変わるって、すごく怖いです。

でも、自分がわかるとちょっと
やってみようかなと勇気が出ませんか。

本当の元気をとりもどしたら、
本当にやりたいことができるかも。

自分を癒すのは、自分の治癒する力と智慧です。

櫻子は、人がもつ力を信頼し、人が持つ力を
全部だせたらすごいことが起こると
希望を持って寄り添います。

皆様の毎日が健やかで幸せでありますように。

どうしても一人では同じことの繰り返しで
解決しそうもない、、というとき
ボディートークセッションを受けてみてくださいね。

コメント